ひのき家具、無垢家具のお手入方法

【例】白ベッド 組み立て
ひのきオーダー家具通販トップページ >ひのき家具、無垢家具のお手入方法

ひのき家具、無垢家具のお手入方法

1.家具のお手入

・家具の置き場所は

無垢の木は呼吸をしますので、
直射日光の当らないところ、湿気が多くないところ、冷房・暖房なが直接あたらないところにしてください。
直射日光が当るようでしたらカーテン等で対策してください。
正しい用途以外にご使用にならないで下さい。
組立および設置の際には、必ず水平な場所に置いてください。

・お手入れ方法

基本は乾拭きです。(化学ぞうきんやクリーナーは使用しないで下さい。)
無塗装で汚れのひどいときは、サウンドペーパーの240番以上で撫でるようにして、汚れ部分を削ってください。
ワックス仕上げの場合は、無塗装のようにペーパーで削ったあと、オイルワックスを塗ってください。
またワックス仕上げの場合、定期的にワックスで磨いていただくことによって、ツヤがでてきます。
ウレタン仕上げの場合で汚れのひどい時は、500倍に薄めた中性洗剤を布によく含ませて堅く絞ってから、塗装面を拭き取ります。 あとはきれいな温湯で洗剤分を拭き取り、乾拭きで仕上げます。 このとき、ガラスも一緒に拭くと、きれいになります。

・床にキズをつけない為に

フェルトキーパー(家具の脚などに付けるフローリングの傷防止シート)をご使用されることをお勧めします
フェルト素材でシールタイプ ですから、手軽に取付けられます。丸形、角形、フリーサイズ等あり、大型スーパー マーケットや家具屋で購入できます。(300~500円程度)
キャスター付家具をご使用の場合は、下にラグやカーペットを敷くことを お勧め致します。

・ご使用上の注意

無垢板商品の上に直接熱いものを置かないでください。火災、変色の原因となります。
無垢板商品に集中的に荷重を掛けないでください。破損、へこみ、変形の原因となります。
湿気、水分の多い場所は避けてください。カビやダニの発生の原因となります。
(お風呂用品はご使用後はよく乾かして保存してください。)
引き出しや扉は開けた状態で荷重をかけないでください。
破損やバランスを失い本体転倒の原因となります。

・家具を移動させる時

いらない布団、カーペット等を下に敷いて移動させると動かしやすくなります。一方を持ち上げて移動~

・地震対策について

家具の地震対策の一番は固定させることです。 金具や突っ張り棒にて固定することをお勧めします。
また家具の下に耐震による振動防止のマットを敷くことも有効な対策となります。


・ヒノキの「ヤニ」について

ひのき製品には、ヤニ(脂)が出てくることがあります。これは 天然木を使用した商品の証であり、
木自体の良さであり、木が健康な証拠といわれています。
一見汚れのように見えるヤニ、このヤニこそが雑菌の繁殖をおさえる抗菌力、防腐性を高めるものです。
ヤニは皮膜をつくり製品を長持ちさせると同時に自然な艶を出す効果があります。

当社製品は、自然の素材の良さを生かすべく「無塗装」と「自然塗装」にこだわり、
塗膜を作らない木自体のよさを引き出す製品つくりを心がけております。

余分なヤニが出た場合は、紙やすり等で軽くすり落とし、メタノール又はアルコール等でヤニをふき取ってください。
自然塗装の商品はアルコールを使用すると色が落ちます。目立たないところで試してから行なってください。



2.過去のお問合せ

Q.桐タンス(無垢家具無塗装)がへこんでしまったのですが・・

へこんだ部分に、水をゆるめにしぼった布をあて、その上から中温のアイロンをあてると、元に戻ります。
やわらかい木で塗装のしてないものにはお試しください。でもアイロンが熱すぎたりしないよう、注意してください。
これは無塗装のひのき家具も同じです。無垢の板で、無塗装のときはどの種類の木でも、可能です。
ウレタン仕上げの場合は絶対にしないでください。
総桐箪笥の場合、洗いに出すことできます。

Q.引き出しがかたいんですけど・・・

引き出しが湿気ている時は乾燥させ、かたい所にはロウか固形石鹸をぬります。 尚、かたい時はこすれている面をサンドペーパーでこすります。刃物で削るのは失敗の原因になります。

Q.洋服ダンスの引き戸がしまらないんです

見た目では気が付かなくても 傾いていませんか? 四方の一箇所でも水平でないとね家具がゆがんでしまいます。 水平を保つようにタンスの角に板きれや厚紙、雑誌等を挟んでください。 どこが低いかわからなかったら、一箇所づつ試してみてください、また家具の上の角を傾けてみて戸がしまるか確かめてみてください。

Q.テーブルがぐらついてしまいます

原因の多くは足の接合部のナットのゆるみです。4カ所を交互に徐々(一度に一箇所を強く締めず、何度かに分けて締める)にかたく締めていくのがコツです。
木部のねじ穴の場合、緩くなってたら 爪楊枝等を差込ねじを入れてみてください 接着がぐらついている時は、いったんはずし穴の中をきれいにして木工用ボンドを多めにつけ再び組み立て一日放置してください

Q.ベッドがキシキシキシミ音がします。

原因の多くは足の接合部のナットのゆるみです。
お手数ですが、一度ナットのネジをゆるめてから、4カ所を交互に徐々(一度に一箇所を強く締めず、何度かに分けて締める)にかたく締めていくのがコツです。
[ひのきオーダー家具topへ]>ひのき家具、無垢家具のお手入方法ページ
↑ページのトップに戻る↑