TOP > ひのきの特徴とその魅力 > 健康家具について

ひのき家具は
シックハウス症候群・アレルギー
化学物質過敏症でお困りの方も
安心して使える家具です

Allergy Free Furniture

安心して使える自然派家具
自然の木は舐めても安心・安全
ひのきのおもちゃで遊ぶ子ども

一昔前までは、ホルムアルデヒドが原因で扉を開くと目が痛くて涙が出るような家具がありました。

有害なものとは思わず、使い初めはこんな匂いがするのが当たり前だと思っている方も多いのではないでしょうか。

近年は法律で既成され有害な接着剤は使えなくなりましたが、昔よりは改良されたものの、まだまだ有害な匂いがする家具は多く存在します。

また、材質は自然のよい材料を使用している場合でも、塗装にシンナー系のウレタン塗装が用いられている場合は同様に科学物質や匂いがして、頭痛等に悩まされるような場合があります。

安心して使える家具がいいですよね?

アレルギー症状は、その人その人によって原因が違うため、全ての人に問題がありませんと断言はできませんが、ひのき家具はシックハウス症候群・アレルギー・化学物質過敏症でお困りの方にも安心してお使いいただける自然の木でできた健康家具です。

ヒノキ・ワークスの家具が『健康家具』と言える理由

① 国産ひのきを使用

『健康家具』と言える理由:① 国産ひのきを使用

輸入木材は、検疫を通過しなければならないため、害虫駆除目的で何らかの消毒をしている場合があります。その消毒に使用されている物質が人体にとって有害である場合があります。

国産ひのきは、日本国内で育つため、消毒処理が施されません。そのため、消毒剤による人体への悪影響を心配する必要がないと言えます。

② 無垢材を使用

『健康家具』と言える理由:② 無垢材を使用

ヒノキ・ワークスの家具は100%無垢材の総ひのきづくりです。

無垢材とは、木そのもののこと。

無垢材ではない素材は、表面だけに本物の木を貼り、中は安価な材質や木材を使用している場合がほとんどです。

あまり知られていないことですが、「無垢材使用」「オーク」「ウォールナット」など木の名前が記載してあっても 無垢家具ではない商品が世の中には溢れています。一部だけに無垢材が使用されていたり、木の表面を薄く剥いで、ベニヤ板などに貼られている場合があります。ヒノキ・ワークスの家具はそのような作り方と全く異なる総ひのき無垢家具です。

無垢板は合板と異なり、接着材等の有害物質を使用していないのが安心ポイントです。

無垢材について詳しくはこちら>>

③ 有害物質の発生しない健康ボンドを選び使用

今でも安価な接着剤にはホルムアルデヒドが含まれておりますが、当社では、ホルムアルデヒド・トルエン・キシレン等の有害物質が含まれていない『F★★★★ボンド(コニシ木工ボンド)』を使用しています。京都大学の木の教授もこのボンドはエマルジョン系ボンドのため、人体に有害になることはないとの見解を示されています。

【ボンドの箱に記載されている表記】

ボンドの箱に明記されている詳細

ヒノキ・ワークスオリジナル積層板(木と木をボンドでつないで作る板)のホルムアルデヒド検査をした結果、日本の基準値を大きく下回り、ほぼホルムアルデヒド放出がないという結果が出ました。

【日本の合板規格と当社積層板のホルムアルデヒド放出量の比較】

部材名 規格 品質表示区分 ホルムアルデヒド平均放出量(mg/l) 最大値
当社積層板 JAS F1 0~0.1 0.1
合板 JAS F1 0.5 0.7
F2 5.0 7.0
F3 10.0 12.0
MDF JIS E0 0.5 -
E1 1.5以下 -
E2 5.0以上 -
パーティクルボード JIS E0 0.5以下 -
E1 1.5以下 -
E2 5.0以下 -

※メラミン・ポリ合板仕上げ、ウレタン塗装仕上げは上記記載事項と異なりますので選択される場合はご注意ください。

接着剤はニカワ(膠)又は米糊に変更できます

ニカワ(膠)

ニカワ(膠)は紀元前1470年のエジプトの時代から使われている天然物を原料とする自然製法の接着剤です。

ニカワ(膠)の主成分は、動物の骨や皮を煮て精製してできるゼラチンやコラーゲンです。

ゼラチンやコラーゲンは、現代では食品・化粧品などに広く利用されていますが、昔は接着剤として使われていました。

原料は主に牛皮で、ニカワ(膠)は「煮皮」とも表現され、この言葉が製法をも示しています。

ニカワ(膠)は高温では液状ですが、低温ではタンパク質が固まる性質で固形になる特性があります、それを利用して接着します。

ニカワ(膠)と米糊の性質により、使用する箇所によっては、おすすめできない場合があります。 例えばベッドの場合、寝台面のすのこに接着剤を用いますが、寝台面は寝返りや乗り降りなど、人の動きに合わせてしなりが発生するため、しなりに弱いニカワ(膠)や米糊はあまりおすすめできません。

ニカワ(膠)は 瞬間ボンドのように固まるため、しなりが発生した際は「パキパキ」と音がする場合があります。

④ 塗装・仕上げも安心

ヒノキ・ワークスの家具は何も塗装をせずに、ひのきの木肌そのものをお楽しみいただける『無塗装仕上げ』や、食用の『くるみオイル(ウォールナッツ油)』で磨き上げる仕上げ方法をご用意しています。

くるみオイル磨き上げ

さらには、安心安全の塗装料を使った塗装仕上げもお選びいただけます。

安心の着色仕上げ色見本

ヒノキ・ワークスでは、シックハウスやアレルギーが心配な方のために、食品衛生法取得屋内用水性顔料系着色塗料F★★★★の「マルチステイン」や日本の知恵とドイツの技術を結集した最高品質の塗料「プラネットカラーウッドコート」、柿渋塗料などをご準備しています。エボニー、ライトオークル,チェリー、ミディアムブラウン、ダークブラウン、柿渋黒など様々なカラーをご用意しています。

着色仕上げについて詳しくはこちら>>

ひのきがご自身やご家族に合うか心配な方のためにひのきのサンプルをお届けします。

メール・電話・FAX・下記買い物カートよりご請求ください。

メール・FAXでのお問い合わせの場合は、郵便番号、ご住所、お名前をお知らせください。

商品ID:sample

ひのきサンプル

無塗装とくるみオイル仕上げのサンプルをお届けします

お問い合わせについて詳しくはこちら>>

これまで何度も
アレルギーが心配なお客様からの
ご相談やご要望を伺ってきました

大手の会社では出来ないことを、金沢の小さな工場がお手伝いいたします。

過去に化学物質過敏症のため、接着剤を使わないで欲しいとのご要望をいただいたお客様には接着剤ではなく、ネジ止めで対応しました(現在はニカワでの対応も可能です)。

すのこ部分に『タッカー』という大きいホッチキスのような接続部材を使用していましたが、金属アレルギーのお客様には、接着剤で対応しました。

同じく金属アレルギーのお客様には、金属の出る部分を深くし、肌に触れないよう、その部分を木で埋めたことがあります。

その他、ご要望があり、木の釘で製作したこともあります。(金額はとても高額になります。)

アレルギーで困っていらっしゃるお客様の話を聞くと、食べ物にも気を使っていたりと、苦労されていることを教えていただきます。

当社は、毎日使う家具はだからこそ、安心して使っていただける商品を提供していきたいと思っております。

気になることは
何でもお気軽にお尋ねください

ヒノキ・ワークスのサポート担当 電話番号0120-968-886

ホームページ上の情報だけでは、よく分からないことが多いですよね?

ご購入前の「相談してよかった!」からご購入後の「ちょっと分からない…。」まで幅広くサポートさせていただいております。

強引な営業は決していたしませんので、安心してお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル:0120-968-886

ひのきの香りのすごい力
必ずお読みください
amazonpayでお支払いができます

TOP

2019年5月

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-

★赤字は休業日です

2019年6月

------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------
ひのきオーダーベッド作品集 ひのきオーダー家具作品集 ひのき家具を作られたお客様の声
ひのき家具のヒノキ・ワークス・ベッドFacebookページへ ひのき家具のヒノキ・ワークス・オーダー家具Facebookページへ ひのき家具のヒノキ・ワークス・Instagram ひのき家具のヒノキ・ワークス・Twitter

【運営】株式会社ヒノキ・ワークス

920-3121石川県金沢市大場町東767番地 Japan

TEL:076-258-0127

FAX:076-258-0207

営業時間:8時30分~17時30分

休日:日曜・祝日・第1土曜日


【東京展示場】

住まいのオーダーメード館 403新宿ギャラリー

東京都新宿区新宿1-2-1-1F

TEL:03-3358-8843