木の家具の特性について

木が生きてきた証を楽しむ

ひのきは厳しい環境で枝葉を育て、長い時間をかけて一本の木として成長します。

枝の跡が節となり、日光のあたり具合により木目が異なり、色合いも違ってきます。

それは木が生きてきた証です。

それを欠点とされ、嫌われることもありますが、それも木の持つ個性として考え、ビンテージデニムの色むらや擦れ傷のように味わいを感じることができれば木の家具をもっとお楽しみいただけます。

使いこんで味わいを楽しむ本物の家具

無垢の木でできた家具は、置かれた部屋で人と同じように歳をとり、年月とともに、艶が増したり、色が変わったり、傷付いたりと変化し磨きがかかります。

そこから愛着がわき、手放せなくなる魅力ある、たった一つの将来のビンテージ家具になります。

長く使っていただけるように、心をこめて作っております。

木目・節について

木材には枝の部分が節となって現れます。

節には生き節と死に節があります。

生き節は穴が空きませんが、死に節は周りの黒くなった部分から抜け落ちてしまいます。

生き節か死に節かは職人の目でしっかりと判断いたします。

写真の上の節は死に節、下の節は生き節です。

死に節は状態によっては、きちんと埋めて使う場合もあります。

あそびについて

背板、羽目板の隙間をわざと密着させずに余裕をもたせる「あそび」を設ける場合があります。これは、乾燥による木材の収縮・膨張を「あそび」の部分で吸収し、全体の「くるい」を防ぐ事を目的としています。

背板、羽目板の隙間は不均一に見えることもあります。

ヤニについて

十分に乾燥の工程を経ていますが、ひのき製品は、ヤニ(樹脂)が出てくることがあります。

ヤニには皮膜を作り製品を長持ちさせると同時に自然な艶を出す効果があります。

実はこれが天然木を使用した商品の証であり、木自体の良さであり、木が健康な証拠といわれています。

一見汚れのように見えるヤニも実はこのヤニこそが雑菌の繁殖をおさえる抗菌力、防腐性も高い秘密なのです。

当社製品は自然の素材の良さを生かすべく「無塗装」、「自然塗装」などこだわり、塗膜を作らない木自体の良さを引き出す製品つくりを心がけております。

余分なヤニが出た場合は紙やすり等で軽く擦り落とし、メタノール又はアルコール類でヤニを拭き取ってください。

無塗装の天然木(無垢材)には、このようにちょっとした手間とお手入れが必要です。

でも、これもまた無塗装の天然木(無垢材)ならではの楽しみです。


※アルコールなどは塗装を傷める場合があります。無塗装の製品以外ではご使用をお避け下さい。

反り・割れについて

天然の木は、たくさんの小さな空洞(細胞)があり、その空洞が湿気を吸ったり吐いたりと呼吸をしています。

家具に姿を変えた後も、お部屋の温度や湿度によって膨張と収縮を繰り返します。節や自然の割れ、反りなどは木の持つ特性です。ご了承ください。

また環境による状態の変化で、時間と共に隙間があいたりもします。これは自然のなりゆきのため、避けられないものでもあります。どうぞ天然木の性質をご理解ください。

末永くご愛用いただくために

天然木の家具は、暖房の近くでの使用は避けてください。

特に、直接エアコンの風や暖房の熱、直射日光があたる場所には設置しないでください。また、極端に湿気のある場所での使用は避けてください。反りや割れ、変形の可能性があります。

天然木(無垢材)は環境に合わせて縮んだり膨張したりする変化特性を備えてます。そのため、乾燥のしすぎや湿気の多い環境が”反り・割れ・隙間”の原因となったり、引き出しや扉などを動きにくくします。これは製品の欠陥ではありません。どうぞ天然木の性質をご理解ください。

2018年9月

------1
2345678
9101112131415
16171819202122
2324 2526282930

2018年10月

-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829 301234
オーダーベッド作品集
オーダー家具作品集
オーダー家具作品集
ひのき家具facebookページへ
オーダー家具facebookページへ
ひのき家具株式会社ヒノキ・ワークス(旧マイスター・マトバ)ツイナビに
ひのき家具株式会社ヒノキ・ワークス、インスタグラムInstagram

株式会社ヒノキ・ワークス

920-3117  石川県金沢市 大場町東767番地 Japan

電話  076-258-0127

FAX 076-258-0207

営業時間 午前8時30分~午後6時

休日 日曜・祝祭日・第1土曜日